ティンプーのローカルレストランでお食事

2009.10.19 Mon

旅行記はこちらをご覧くださいまし。
その1
その2
その3


ブータンの首都のティンプーは都会です!
と言ってもメインストリートが2本、それも約1キロくらいしかないです。信号ないし。
あとは住宅地やお寺や王様のいる宮殿があるくらいかねぇ。
でも都会なんです!
小さい町ばかりまわってきたので都会に見えます。

こちらではローカルレストランでの夕食をリクエストしてみました。
レストラン前

ガイドさんとドライバーさんと一緒にご飯です。


のりスープ
チュルジャジュ:海苔のスープ。海がないから川海苔だと思う。やさしい味。


豚肉とシュカムダチ
奥)シャカンパ:豚肉の干したものと根菜系の何かの葉っぱの炒め物。豚は干したものなのでちょっと塩辛い。
手間)ノシャのシュカムダチ:ノシャ(牛)シュカム(とうがらし)ダチ(チーズ)。シュカムという唐辛子の種類らしい。辛いけど美味しい。


ティンプーのイヅィ
イヅィ。乾燥とうがらし使ってる。


これらをご飯といっしょに食べます。
美味しいなー。
ホテルやツーリスト向けレストランじゃ食べられないものばかりです。
こうゆうの食べたかったんだよね♪
やっぱりお腹いっぱいです。


まぁこの後はもちろん、飲みに出かけたのでした。。。


バーのつまみ
これはつまみ。ナッツとか色々。ちょっとしか食べなかったが。
ドライバーさんがいっぱい食べていたが、たまに石っぽいのが入っていたらしい。。。


追記:
ブータン旅行の公定料金にお酒代は入ってません。
バーで飲むとビール瓶1本200円くらいと安いです(土地によって違いあり)。
ホテルで飲むともっと高いので、ひたすら外出しておりました。
そんなわけでここでは私がガイドさんやドライバーさんに「まぁ飲んで飲んで」とおごっちゃいました。
ちなみにブータンでは常温ビールも普通に飲んでいるので、オーダーするときはきちんと「冷えたやつ!」って言わないと冷えたやつが来ない。
理由は「寒いから」だそうで。。。
日本人からしてみたら「寒くてもビールは冷えてなくちゃダメだろ!」なんですがねー。

  1. 2009/10/19(月) 20:12:49|
  2. 旅グルメ@ブータン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

ブータンの農家でごはん

2009.10.18 Sun

旅行記はこちらをご覧くださいまし。
その1
その2
その3

さてさて、今回もブータンの農家に、おっじゃまー。

ブムタン農家
ブムタン農家のうし

今回も農家に1泊ステイさせていただきました。
ブムタンの農家です。

素朴な感じがいいですね。
でも旅行者慣れしてるみたいで、泊める設備がしっかりしてるので快適に過ごせます。

そんなお宅で頂いた、お料理〜♪

農家 赤米
赤米。パラパラとした米。味は白米とかわらないです。

農家 エマダツィ
もちろんエマダツィ。

農家 めん
麺料理。ちょっとモチモチしてます。パスタっぽい。美味しい。

農家 ぱくしゃぱー
豚肉/ほうれん草/唐辛子。辛さもあってGoodです。

農家 ケワダツィ
ケワダツィ。じゃがいもとチーズ。です。辛くない料理。おいしい。

農家 やさい
お野菜。

農家 あら
右は乳からバターとかチーズとか作ったときに出てくる水分。酸っぱいお水って感じ。
左はアラ。焼酎です。美味しい。

すべて美味しいですね♪黙々と食べまくり。もちろんエマダツィが一番ですがw


朝ご飯。
ブータンでは朝食はキッチンで床に座って食べるのだそうです。
農家 朝食


農家 パンケーキ
珍しくパンケーキなどいただいた。
素朴な味。
ブムタンは高地なので米が育てにくく、そば粉の方が育つんだとか。
そば畑は確かにいっぱいありました。
ただ日本とは違って茶色いそば粉ですけどね。

農家 イヅィ
イヅィも出て来た♪ご飯と食べると美味しい。


そんなわけで、農家のローカルフードを美味しくいただいたのでした♪


追記:
基本的に旅行者とガイド&ドライバーは食事は別々。でも旅行者がリクエストすれば一緒に食べたりもする。
今回は一緒に食べたり食べなかったり。私はどっちでもよかったんだけど、一緒に食べる時は盛り上がり、食べない時は早々に食事を済ませて一人外に出て遊んでましたw
ただ一緒に食べる時でも、食べ物はキッチンの方からガイド用のものを持って来てました。

大体ガイドさんはスプーンで食べますが、一人のときとか農家に泊まったときなどは手で食べてました。
私もチャレンジしましたが難しい。ご飯がポロポロご飯なのでなおさらです。
あと見ていて思ったのが、彼らはお米中心に、しかもえらい量を食べてました。
おかず少量、お米いっぱい食べるのがブータン流みたい。男性の場合ですが。
前回来たときの女性ガイドさんは「私はお米少量におかずいっぱいの方が好き」と言ってましたがね。

  1. 2009/10/18(日) 10:54:35|
  2. 旅グルメ@ブータン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブータン旅行のお食事 その1

2009.10.17 Sat

ブータンに行ってきました。
旅行記はこちらをご覧くださいまし。
その1
その2
その3


もちろんグルメも楽しみましたよー。

ブータンの食事と言えば。。。

エマダツィ!!
エマダツィ

去年も食べましたが、いわゆる「とうがらしチーズ炒め」です。
当然辛いんですが、これがやみつきになるのですよwww

で、ブータンで旅行すると大体ツーリスト向けレストランに連れて行かれます。
首都のティンプーだとローカルレストランもアリですが(この件は別記事で)。
あとは農家におじゃまして食事とか(こちらも別記事で)。

ツーリスト向けレストランは、お客さんが多い場合はバイキング形式、少ない場合はおかずをお皿に分けてテーブルに持って来てくれ、好きなだけ取って食べる形式。
レストランごとに出てくる品が多少違ってたりするけど、大体同じ物が出てきます。
なのでたまに飽きちゃうんだが、エマダツィだけは飽きない!!

私の場合、
・取りあえず味見程度にエマダツィを含め少量ずつ色々を取る
・最後におかわりでエマダツィ&ご飯を食べる

な生活を送っておりました。

こんな感じです。
レストラン1
(ここのは赤米。チーズモモが付いてきておいしかった)

レストラン2
(再度、赤米、チーズモモつき)

レストラン3
(豚肉がおいしかった)

レストラン4
(左上、チーズのような豆腐のようなものがついてきた)

レストラン5
(そば粉パンケーキつき。素朴な味で美味しい)


たまにエマダツィを出さないレストランもありましたが、そんなところでも

「エマダツィ プリーズ♪♪♪」

って具合で持って来てもらいました。必ずOKです。


こうたくさん食べていると
「ここのエマダツィはちょっとしょっぱい」
「ここのエマダツィはクリーミーね、おいしい」
「ここのはチーズがちょっとしつこい」

と、ただ辛いだけで終わらず、味わいまで感じるようになります。人間ってすごいw


ある日もエマダツィがなかったので聞いてみたら、

「実は今日はエマダツィなくって。。。これでいい?」

と持って来てもらったのが
イヅィ

イヅィといいます。
生のとうがらし、たまねぎ、チーズ、塩、のサラダって感じ。
生とうがらしだよー!ひやーーー!!!
でも味は案外美味しかったりする。むしろエマダツィの方が辛さがありますね。
思わず全部食べてしまった。


極めつけはここまで。。。
druk air 機内食

ブータン唯一の航空会社Druk Airの機内食。
ベジタリアンかノンベジか選べ、ベジタリアンを頼んだら「とうがらし大丈夫?」と聞かれ、もしやと思ったら、そうだったw


まぁここまで書いたら言うまでもありませんが一言。

とうがらしは野菜です。

エマダツィ最高ですっ!

ブータン、また行きたくって仕方ありませんねー。




追記: ブータンの旅行システム
事前に公定料金を支払います。じゃないと入国出来ません。インド人は別。
1日(1泊)$220で一人旅だとプラス$40。ガイド/ドライバーが付き、宿泊、食事、入場料など全部含まれてます。
なので実際お金使うのはお酒飲むときとお土産買うときくらい、あと追加で色々やったとき(石焼風呂に入るとか)くらいです。

  1. 2009/10/17(土) 08:43:37|
  2. 旅グルメ@ブータン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブータンの農家でごはん

2008.10.18 Sat

プナカという町に来ました。

あいにく混み混みシーズンで、ホテルの少ないこの地域ではホテルが取れなかったのです。
なので旅行会社の人に
「もしよければ、農家に宿泊でもよろしいですか』
と聞かれていたので
「ぜひぜひーーー!!」
と答え、この日は農家に宿泊です。

旅日記はこちらをご覧ください。

で、食べたもの。。。

[ブータンの農家でごはん]の続きを読む
  1. 2008/10/18(土) 15:22:01|
  2. 旅グルメ@ブータン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブータンのローカルレストラン

2008.10.15 Wed

ひたすらブータンのこと。

ブータン旅行すると、基本的に食事はホテル。
昼食も外国人向けレストランだったり。
当然、外国人向けなので、辛さは控えめな料理ばかり。

。。。それじゃつまらん。。。

そんなわけでガイドさんに

「ローカルレストラン行きたーい!」

ってリクエストしたらOKだったので行きました。

(ちなみにブータンに旅行するには1泊あたり$220をおさめなくてはなりません。一人だとさらに$40追加で痛い。。。
その料金にホテル代、ガイド/ドライバー、食事、などすべてついてきますが、お酒などは別途支払い。このローカルレストランでの食事は代金追加無しでした)。

ティンプーの町のことについては、こちらに書きました。

[ブータンのローカルレストラン]の続きを読む
  1. 2008/10/15(水) 20:11:12|
  2. 旅グルメ@ブータン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ブータンの食べ物 エマダツィ

2008.10.12 Sun

ちょっとばかり、ブータンを旅してきました!!
旅の日記は後で書くとして。。。

ブータンの食べ物ってどんなものだ?!

と私は思ったのです。

そしてそれは。。。。

[ブータンの食べ物 エマダツィ]の続きを読む
  1. 2008/10/12(日) 20:53:30|
  2. 旅グルメ@ブータン|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

プロフィール

satoko

Author:satoko
会社の周辺のランチ探索日記。。。のつもりがいつの間にかカレーばっかりになりました。
旅のグルメ、甘いもの、そしてパンも!
そしてなぜかシンガポールに引っ越しちゃった。

コメント/トラックバックは承認しないと表示されませんが、大歓迎です。
でも話題に関係ないコメントは消します。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約